calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

recommend

categories

archives

Readyforのプロジェクト100%を達成しました。

皆様のご協力のおかげで、無事に100%を達成することができました。ご支援、ご協力をして下さったみなさま、本当にありがとうございます。

先日、日向ぼっこのイベントに、昨年の「はばたきを祝う会」に参加してくれた方が来てくれたので、今年も「はばたきを祝う会」をすることを伝えると「あの会でもらった靴は、とっても良くて、大事に履いているよ。」「はばたきで一緒だった○○君とは連絡を取り合っているよ。」と言っていました。

 

皆様のご支援、ご協力でお贈りした品々が大切にされているということ、お祝いの会で一緒になった仲間ともつながりを持てている事を知ることができ、このプロジェクトを立ち上げた意義を改めて感じることができました。

ファーストプロジェクトを達成することができましたので、ネクストゴールとして食料支援の目標を立てました。「はばたきを祝う会」の参加者の方々と継続的な関わりができるように、食料を定期的に送ることで、心身の健康面をサポート出来たらと考えています。

残り一週間となりましたが、応援よろしくお願い致します。


「育ち」「育て」を考える研究発表会

日向ぼっこが参加している社会的養護における「育ち」「育て」を考える研究会の発表会が下記の日程で開催されます。

今回のテーマは〜社会的養護を担う人の育成〜となっております。

ご都合がよろしければ、ご参加下さい。

 

日 時 :平成29年2月25日(土)14:00~17:00(受付13:30~)

場 所 :国立障害者リハビリテーションセンター 学院講堂

内 容 :

 1.あいさつ及び平成28年度研究会テーマの趣旨説明

  児童自立支援施設 国立武蔵野学院 青木 建 氏

 2.基調講演 「社会的養護を担う人の育成について(仮題)」

  社会福祉法人北海道療育園理事長 (元川崎医療福祉大学学長・医学博士) 岡田 喜篤 氏

 3.シンポジウム

  司会 小田原短期大学学長 小沼 肇 氏

  シンポジスト 調整中(支援者、学生等)

 4.報告(研究進捗状況と今後の方向性) 研究会委員

参加者 :社会的養護関係者及び児童福祉や教育等に関心のある学生など 約200名 (申し込み先着順)

参加費 :無料

申し込み:平成29年1月23日(月)受付開始 2月15日(水)締め切り

 

ご希望の方は、下記連絡先まで裏面の申込用紙にご記入してFAXするか、氏名・所 属・連絡先を記載したEメールにてお申し込み下さい。 (詳細は国立武蔵野学院ホームペ ージに掲載。)

連絡先:国立武蔵野学院(さいたま市緑区大字大門1030)

E-mail: ht-124@musashino.go.jp

TEL:048-878-1260

FAX:048-878-1244

 

《発表会のご案内》


社会的養護のもとなどを離れ新生活をはじめる方に必要な物を贈りたい

〜Readyforでプロジェクトを立ち上げました!!〜
社会的養護のもとなどを離れ新生活をはじめる方に必要な物を贈りたい

日向ぼっこでは、「社会的養護のもとを離れ新生活をはじめる方に必要な物を贈りたい」という目的で、今年度もReadyforのサイトを通じてプロジェクトを立ち上げました。社会的養護のもとで育つ方々のほとんどは、高校卒業(高校進学しない場合は15才)後施設や自宅を離れて自分で生活しなくてはなりません。社会的養護が必要だったにも関わらずそれを受けることができなかった方も、人生の早い段階で自活を迫られる状況です。成人を迎えていない場合の自活は、住まいの賃貸や携帯電話の購入等の親権者の同意が必要な手続き、自宅を出て住まいを借りて働くこと、勉強をしながら一人で生計を立てていくこと等、様々な困難があります。そこで、日向ぼっこでは、「新生活をはじめる方を応援したい」という思いから、社会的養護のもとなどから離れる方々を含む、この春から新生活をはじめられる方々を対象に、必要とする物品(生活家電等)を門出のお祝いとして、お贈りしたいと考えています。 
社会的養護のもとを離れる方々や、新生活をはじめられる方々の新たなスタートをお祝いするイベントの開催・運営費と、お祝いの品の購入費、合わせて400,000円のご支援の達成を目指しています。期間は2017年3月1日(水)午後11時までとなっております。プロジェクト達成のために、みなさまのご協力をよろしくお願い致します。プロジェクトの詳細は下記のアドレスよりご覧いただけます。 
https://readyfor.jp/projects/hinatabokko2017

 


【みなさまにご協力いただきたいこと】
Readyforを通してのご寄付によるご協力
上記のアドレスのページの下部より「このプロジェクトを支援する」をクリックしていただき、クレジットカード決済によるご寄付へのご協力をお願い致します。 
∨椒廛蹈献Дトの広報によるご協力
今回のプロジェクトについてたくさんの方に知ってもらうことで支援の輪を広げたいと考えております。ご友人やお知り合いの方などに周知をお願い致します。FacebookやTwitterのアカウントをお持ちの方はシェアやツイートをしていただけましたらと思います。日向ぼっこのFacebook・Twitterのアカウントでも情報を公開しています。 
※もちろん ↓△匹舛蕕のみのご協力でも大歓迎です。

昨年も多くの方のご支援をいただき、社会的養護のもとを離れる子どもたちのはばたきを応援させていただきました。お祝いのイベントに参加した子どもたちから「一人暮らしに役立つものがもらえてよかった」「いろいろな人の話がきけてよかった」といった声が寄せられ、日向ぼっことしてもこの支援を継続していきたいと強く感じました。みなさまからの温かい応援を子どもたちが受け取り、「過去は辛かったけれど、沢山の人に支えられたから今があるんだ!一人じゃないんだ!」と感じて欲しいという願いを込めて、このプロジェクトの実現を目指したいと思いますので、どうぞご支援・ご協力の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。


子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会

11月は子ども虐待防止月間です。

日向ぼっこは、今年も以下の日程で行われる虐待防止のイベントに参加します。

 

子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会

主催:特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワーク

日時:2016年11月13日(日)12:15 開場/13:00 開演

場所:ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16)

講演:湯浅誠さん

参加費:無料、事前申込不要

動画:第14回「子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」開催のお知らせ

チラシ:子供の虐待死を悼み命を讃える市民集会チラシ

※集会に参加するため、事務所は不在にしております。

 

毎年、多くの子ども達が、虐待により尊い命を落としています。

平成16年度に虐待防止法が施行され、およそ12年が経ち、児童相談所への虐待相談対応の件数が10万件を越えたと厚生労働省から発表がありました。これまで、明るみに出ることが少なかった子どもへの虐待が少しずつではありますが、多くの方の「気付き」や「関わり」によって表に出てきた結果ではないかと思っています。しかし、これも氷山の一角で、まだまだ虐待という環境から救い出されずにいる子どもや親、保護者があなたの身近にいるかもしれません。

是非、このイベントにご参加いただき、子ども虐待とは何か、子ども虐待の現状はどのようになっているのか、子ども虐待を知った時にどうするべきなのか等を考えるきっかけにして頂ければと思います。

 


事務所不在のお知らせ

9月18日(日)は、大坂の当事者団体CVVの15周年記念パーティ参加と、都内児童養護施設の高校生合宿での講演のため、スタッフが事務所を不在にしておりますので、お電話での対応となります。日向ぼっこに御用の方は大変恐れ入りますが12時〜18時の間でお電話を頂きますよう、よろしくお願いいたします。

 

電話番号:03-5834-7433


第八回Harmonize(ハーモナイズ)チャリティーコンサート

今年もハーモナイズの皆さんがチャリティーコンサートを開いてくださいます。
毎年、皆さんが知っているポップな曲も演奏してくだいますので、ぜひお楽しみください。金管、木管、打楽器の織り成すハーモニーを一緒に感じて頂けたら嬉しいです。

日程:7月3日(日)
時間:開場 13:30/開演 14:00
会場:ひの煉瓦ホール(日野市民会館)大ホール(東京都日野市神明1−12−1)
料金:入場無料
演奏:Harmonize(ハーモナイズ)のみなさん
指揮:藤井和夫さん
曲目:ラピュタ〜キャッスル・イン・ザ・スカイ/ディズニ・ファンティリュージョン!/ハンティンドン・セレブレーション ほか

当日は日向ぼっこも会場のブースにおりますので、お見かけの際はお声掛け頂けたら嬉しいです。
※会場にてご協力頂いた募金は日向ぼっこの活動資金として使われます。

※当日は事務所を不在にしております。

(クリックすると拡大します。)

賛助会員募集のご案内

日頃より、日向ぼっこブログをご覧下さり、誠に有難うございます。

ご案内が遅くなってしまいましたが、日向ぼっこでは、活動を共に支えてくださる賛助会員を募集しています。育った環境に関わらず子どもたちが羽ばたける社会へ向けて、日向ぼっこの活動を継続的に支援していただけませんか。

年会費と特典
賛助会員は、年会費として2口(6,000円)からお願いしております。
※児童養護施設や里親等の社会的養護で暮らされた経験のある方、または社会的養護が必要だったにも関わらず、受けることが出来なかった方は1口(3,000円)からお受けしています。
賛助会員の方には、日向ぼっこの活動が掲載された『日向ぼっこ通信』をお送りしております。
※更新は毎年4月となります。年度の途中でのご入会の場合も翌4月に更新となりますので、ご了承下さい。

会費のご入金方法
(1)ご入金先(日向ぼっこの口座)
「郵便振替」でのご入金をお願いしています。「郵便振替」以外の入金の場合は、お手数ですがメール、またはFAXで(2)のご連絡事項をお知らせ下さい。 ※恐れ入りますが、振込手数料は別途ご負担をお願いします。

郵便振替
郵便振替口座 00190-9-513886
口座名 日向ぼっこ
※通信欄に(2)のご連絡事項を記載ください

三菱東京UFJ銀行
銀行名 三菱東京UFJ銀行(金融機関コード0005)
支店名 高田馬場支店(店番053)
口座種別 普通
口座番号 0016134
口座名 特定非営利活動法人 社会的養護の当事者参加推進団体 日向ぼっこ

ゆうちょ銀行
銀行名 ゆうちょ銀行(金融機関コード9900)
支店名 〇〇八店(店番008)
預金種目 普通預金
口座番号 10090-71731321(他銀行からの場合、7173132)
口座名 特定非営利活動法人社会的養護の当事者参加推進団体日向ぼっこ

(2)ご入金のご連絡について
記載事項の〜イ髻EメールかFAXでお知らせください。
記載事項
氏名・企業団体名 ◆,棺蚕  お電話番号 ぁ,歓Χ
ァ(お差し支えがなければ)施設や里親家庭での経験有無 Α仝数と寄付額
※Eメールの際は件名に、FAXの際は冒頭に「賛助会員申込」とご記入下さいますようお願い致します。
 ご記入のないご入金に関しましては、ご寄付として扱わせていただきますので、ご了承ください。
日向ぼっこの連絡先
Eメール:info@hinatabokko2006.com
TEL&FAX番号:03-5834-7433
※ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

No.121号(4月号)の日向ぼっこ通信の訂正のお知らせ

日頃より、ホームページやブログをご覧下さり、誠にありがとうございます。

賛助会員や関係者の方にお届けしている、No.121号(4月号)日向ぼっこ通信に誤りがありましたので、訂正させて頂きます。
通信の2ページ目のイベント欄に書いてあります、4月24日(日)の【もぐもぐサロン】は誤りで、正しくは【ことなサロン】となります。大変失礼いたしました。

詳しくは下記に【ことなサロン】のご案内と申込書を添付いたしますので、ご興味がございましたらご連絡ください。
※初めて日向ぼっこをご利用くださる方は、事前にスタッフとの面談が必要となります。


誕生日会の日程変更のお知らせ

日頃より、日向ぼっこのホームページ、blogをご覧くださりありがとうございます。

3月6日(日)に予定しておりましたお誕生日会ですが、日程を再検討させて頂き、下記のように開催致します。

日時:3月20日(日)14時〜
会場:日向ぼっこ(文京区千駄木4-23-19光和コーポ201)
費用:無料

こちらの都合で大変申し訳ございませんが、ご了承下さい。

3月6日(日)は通常のサロンとして14時〜18時まで開館しております。
ご予約お待ちしております。

社会的養護のもとから社会にはばたく子どもたちを応援したい!

日向ぼっこでは、「社会的養護のもとから社会にはばたく子どもたちを応援したい!」という目的で、READYFOR!?のサイトを通じてプロジェクトを立ち上げました。
社会的養護のもとで育つ方々のほとんどは、高校卒業(高校進学しない場合は15才)で施設を巣立ち、自立しなくてはなりません。家を借り、働きながら、または勉強をしながら、一人で生計を立てていく上で、彼らは様々な困難に直面します。
そこで、日向ぼっこでは、社会への第一歩を踏み出す方々の新生活を応援したい!という思いから、社会的養護のもとから離れる方々、新生活をはじめられる方々を対象に、みなさまからご協力をいただき、彼ら・彼女らが必要とする物品(生活家電等)を門出のお祝いとして、お贈りしたいと考えています。
社会的養護のもとを離れる方々、新生活をはじめられる方々の新たなスタートをお祝いするイベントの開催・運営費と、お祝いの品の購入費、合わせて400,000円のご支援の達成を目指しています。


期間は2016年2月21日(日)午後11時までとなっております。プロジェクト達成のために、みなさまのご協力をよろしくお願い致します。プロジェクトの詳細は下記のアドレスよりご覧いただけます。
https://readyfor.jp/projects/hinatabokko2015

みなさまにご協力いただきたいことは下記の2点になります。
READYFOR?を通してのご寄付によるご協力
上記のアドレスのページの下部より「このプロジェクトを支援する」をクリックしていただき、クレジットカード決済によるご寄付へのご協力をお願い致します。
∨椒廛蹈献Дトの広報によるご協力
今回のプロジェクトについてたくさんの方に知ってもらうことで支援の輪を広げたいと考えております。ご友人やお知り合いの方などに周知をお願い致します。FacebookやTwitterのアカウントをお持ちの方はシェアやツイートをしていただけましたらと思います。日向ぼっこのFacebook・Twitterのアカウントでも情報を公開しています。
※もちろん ↓△匹舛蕕のみのご協力でも大歓迎です。

 

| 1/27PAGES | >>